漫画家になろう!そんな人が確認するべき”3つ”の専門学校の口コミ・評判をまとめてます。”漫画家になりたいけど絵が下手”って人のための絵の上達方法、”漫画家になれない”って人向けの漫画家のなり方も公開!他にも、”漫画原作者になるには”って悩みを解決する方法もまとめてます。

漫画家になろう!あなたのその夢を実現できる”3つ”の専門学校の口コミ・評判をまとめました!

漫画家なりたい

漫画家になりたい!を実現する1番の近道とは・・・

更新日:

漫画家,なりたい

漫画家になりたい!と考えてる人に、具体的に漫画家としてデビューする方法から必要なスキル、知識などを紹介してます。

 

漫画家になるには、いくつかの方法があります。

その中で一番自分に適している方法を選んで漫画家を目指すことになりますが、漫画家を目指す上で近道があるという事も忘れてはいけません。

 

漫画家になる方法とは・・・

では、実際に漫画家になるための方法をまとめました。

方法 特徴 ポイント 近道度
専門学校 基礎から学べ、デビューできる力を確実に身に付けれる デビューサポートがある
アシスタント 現場で修業ができる いつデビューできるか全く読めない
持ち込み 直接営業を掛けてデビューを目指す 競争が激しく、担当に当たり外れがある
応募 新人賞を獲得してデビューと連載を勝ち取る 生半可なスキルでは受賞は不可能なのでセミプロ向け ×

それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

 

専門学校を卒業して漫画家を目指す!

漫画家,なりたい,専門学校

漫画を描く勉強ができる専門学校で、基礎的な知識、スキルを身に着けて2年で漫画家になれる知識、スキルを身に着けることができます。

 

一見、漫画家デビューまで遠回りに見えますが、専門知識、スキル、心構えを直接プロから教えてもらえるので最も効率よく漫画家を目指せるルートと言っても過言ではなく、実際に多くの卒業生がデビュー、新人賞を獲得してます。

 

また、デビュー後に絶対に必要になってくる出版社、担当者とのコネクションもできる上に、デビューサポートなど学校ならではなの支援体制が整っているのも魅力です。

 

◆専門学校で学ぶメリット

  • 漫画家として必要な知識、スキル、心構えを確実に身に付けれる
  • プロから直接指導してもらえるから最も効率が良い
  • 出版社、担当者とのコネクションも出来上がる
  • デビューサポートなどの手厚い支援がある

 

◆専門学校で学ぶデメリット

  • 学費が掛かる

 

アシスタントから漫画家を目指す!

漫画家,なりたい,アシスタント

現役漫画家のアシスタントとして働くことで、漫画を描くことを学びながらデビューを目指す方法で現場の仕事を直に経験できることや編集者とパイプができるのが魅力。

 

ただし、常に募集してるワケでもなく、自分の好きな漫画家に弟子入りできる保証もなく、アシスタントとして最低限の知識、スキルが無いと採用してもらえない、手取り足取り教えてもらえるワケではない、いつデビューできるのか見えないというデメリットがあります。

 

◆アシスタントになるメリット

  • 現場の仕事をじかに経験できる
  • 編集者とのパイプができる

 

◆アシスタントになるデメリット

  • 常に募集が掛かってるワケではない
  • 自分の好きな漫画家に弟子入りできるワケではない
  • 最低限の知識、スキルが無いと採用されない
  • デビューできる期間が全く読めない

 

出版社に持ち込みをして漫画家を目指す!

漫画家,なりたい,持ち込み

自分で作成した漫画を出版社に持ち込む、投稿をして売り込む方法であり、1回、2回の持ち込み、投稿でデビューできる可能性は限りなく0に近く、”見込みがある”と評価された場合のみ担当者が付いてデビューするための作品を作り上げます。

 

しかし、プロ、アマ含め多数の持ち込み、投稿があるため競争率が非常に高く厳しい。

また、担当に”当たりとハズレ”があるので運に左右される面もあるので、この方法で漫画家を目指すには厳しいです。

 

◆持ち込みをするメリット

  • 担当者が付いてくれる可能性がある
  • 改善点、アドバイスをもらえる場合がある

 

◆持ち込みをするデメリット

  • 競争率が高いので、そもそも担当付きになるまでが難しい
  • 強い指摘を受けるから弱いメンタルでは持ち込みを続けられない
  • 担当に当たりハズレがあるので運要素が強い面がある
  • そもそも、この方法でデビューするのは厳しい

 

新人賞を受賞して漫画家を目指す!

漫画家,なりたい,新人賞

新人賞を受賞して漫画家を目指す方法であり、受賞することで、漫画家デビュー、連載を勝ち取ることで売れっ子漫画家に駆け上ってます。

 

しかし、多くの作品を退けて自分の作品や実力を認めてもらう必要があるので、相当レベルの高い画力、構成力と柔軟な発想力に加えて漫画を描く基本的なスキルが絶対に必要となり難易度は最も高いです。

 

◆新人賞から漫画家を目指すメリット

  • 一気に担当付きで漫画家デビューできる
  • 賞によっては連載保証がついている場合もある

 

◆新人賞から漫画家を目指すデメリット

  • 全国から応募が集まるので競争力が極めて高い
  • レベルが全体的に高く受賞は極めて困難
  • 漫画を描く最低限の知識、スキルが無いとムリ
  • 他の作品を退ける画力、構成力が絶対に必要

 

専門学校で学ぶのが、漫画家になりたいを実現する一番の近道

漫画家になりたいのなら、絶対に言えることが”漫画を描くための基礎技術が無い人は、絶対に漫画家になれない”という現実です。

 

漫画って絵だけじゃなくて、ストーリーも構成も大事です!

だから、絵が上手であってもストーリーの組み立てが下手、甘い、似たり寄ったりだったり、構成力が不足していては漫画としての価値は全くないからそれに気が付かない限りどれだけ持ち込み、応募をしてもダメです。

 

それに、アシスタントって初心者、基礎知識が無い人が作業をこなすのは不可能で、ましてそこから漫画家を目指すなんて夢のまた夢。

 

その点、専門学校であれば漫画を描く基礎的な技術・知識に加えて応用力、心構えを身に着けることができるから持ち込みしたり、応募をして漫画家デビューが目指せるし、学校によっては在学中に漫画家デビューができるから漫画家になりたいを実現するには専門学校が一番の近道ではないでしょうか。

 

漫画家を目指せるおすすめの専門学校は?

私の中で漫画家デビューを目指せるおすすめの専門学校は下記のような定義づけをしてます。

  • 漫画家を目指せる学科、学部、コースがある
  • 直接プロから指導を受けることができる
  • 大手出版社を招いた批評会が定期的に開催される
  • 批評会には編集長クラスの方が来校される
  • デビューサポートが整っている
  • 在学中にコンペなどに参加できる
  • 受賞・デビューの実績が他社よりも多い

この条件を満たしてる専門学校がアミューズメントメディア総合学院のマンガイラスト学科です。

漫画家,なりたい,アミューズメントメディア総合学院

 

具体的なデビュー実績、受賞実績や授業内容がまとめられた学校案内を取り寄せるだけも役立ちますよ。

 

また、定期的に開催されるオープンキャンパスでは実際に行われてる授業を受けることができるから興味がある人は参加をおすすめします。

 

学校案内であれば約60秒、オープンキャンパスの予約であれば約30秒で完了します。

たった30秒~60秒で漫画家になれる重大なヒントが得られる、体験ができるから是非、活用してください。

 

↓ 申し込みはとっても簡単 ↓

アミューズメントメディア総合学院の公式サイトはコチラ

-漫画家なりたい
-

Copyright© 漫画家になろう!あなたのその夢を実現できる”3つ”の専門学校の口コミ・評判をまとめました! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.